top of page

【資金調達情報】イスラエルスタートアップ、6月の資金調達情報をアップしています!


イスラエルスタートアップ、資金調達

6月で今年の上半期が終わり、トレンドを分析・解説するレポートが各所から出ているが、いずれも資金調達が減少を続けていることを伝えている。Violaのレポートによると、2021年まで急激にVC出資が拡大していたイスラエルでは、その反動で2023年上半期は前年同期比で71%減を記録。世界的にも市場が縮小しているとはいえ減少は50%にとどまっているので、特にイスラエルでの下げ幅が大きいことが確認されている。


とはいえ少しずつ回復基調が見え始めた6月には、いくつかの大規模な案件も発表されている。気象予報を含めた天候情報プラットフォームを構築するTomorrow.ioはシリーズEで8700万ドルの調達すると同時に、2機目の衛星打ち上げの成功を発表した。今後2年間で20機以上を打ち上げを予定しているほか、ChatGPTのプラグインも出すなど、注目を集めているスタートアップである。


また、5月に日本でのイベントに参加したスタートアップでも資金調達を公表して進展を見せている会社が出てきている。Anzu.ioはゲーム内の世界に自然な形で広告を出すプラットフォームを提供しており、2021年にはすでにSonyから出資を受けていたが、今回はシリーズBを延長する形でPayPalやバンダイナムコのVCも出資者として加わることになった。


同様にイベントに参加していたOnebeatも日系VCであるMagentaを加えた投資家から1400万ドルの出資を受け、日本市場への展開も発表した。製品データを解析し販売を予測することで、最適な在庫を実現することができ、すでに世界170社以上で導入されているというが、日本国内での販売パートナーも見つけており今後展開が加速していくだろう。



リンク付き一覧はこちら↓


イスラエルスタートアップ資金調達2023年6月
.pdf
Download PDF • 261KB

Comentários


bottom of page