top of page

【資金調達情報】イスラエルスタートアップ、4月の資金調達情報をアップしています!


イスラエルスタートアップ、資金調達

IVCのデータによると、2023年第1四半期のイスラエル国内のVC資金調達では2022年からの下降トレンドが続き、2018年以来の最低水準を記録した一方で、4月に入りCybereasonPineconeが1億ドルの大型調達を発表するなど明るい兆候も出てきている。


4月の案件の中で注目を集めているのは培養乳を開発しているWilkによる350万ドルの調達である。金額としては小さいが、ヨーグルトを世界的に販売しているDanoneが出資したこともあり、今後の製品展開の可能性を考えさせられる案件であった。なお、Danoneはその後5月に入って別のイスラエル企業であるImaginedairyという精密発酵のスタートアップにも出資することを発表している。


また、もう一つ面白いスタートアップを挙げるとすればNeteeraだろう。非接触・非侵襲によるバイタルデータセンサーのNeteeraはアメリカ大手メディアのCNBCがDisruptor 50に2020年2021年に二度選ばれるなど注目を集めていた一方で、2020年以降あまり進展を示すニュースが出てきていなかった。2022年11月になってアメリカでFDAを取得して、今回シリーズBで1300万ドルを調達できたことは大きな進展だと言える。以前は自動車内でのセンシングにも取り組んでいたが、現在では屋内でのセンシングのみにフォーカスしており、今後は主にアメリカで老人用介護施設での展開が予想されている。



リンク付き一覧はこちら↓


イスラエルスタートアップ資金調達2023年4月
.pdf
Download PDF • 176KB



Comments


bottom of page